メニュー

FX取引で利益を出す

私はFX取引で億万長者億万長者になれるとは思っていませんが、昼食一食分くらいはコンスタントにFX取引で利益を出しています。FXの取引で私が直接モニターを見ている時間はだいた日本時間の21時から22時位までです。

FX取引を始めた頃は午前3時頃までパソコンの前に張り付いて為替相場を見ていたのですが、売り買いの注文だけ入れておけば後は自動的に損切りと利益確定をしてくれるので、私が見ている必要はないと気づいてからは、あえてあまり為替相場を見ないようにしています。

FXは資産運用の一つ

FX取引きの仕組みは、とても単純です。ある外貨の価値がこの先に「上がる」と思えば買い、そしてその後、上がった時に売れば、その差額が利益になります。

またFXは売りから入る取引きができるので、ある外貨の価値が今先に「下がる」と思えば先に売って、実際に下がった時点で買い戻すと、その差額が利益となります。またこの両方のケースで、その外貨のレートが、予想と逆の方向に動くと、損失を被ることになります。

この為替レートの変動を、100%的中させることはありえませんし、高い確率で予想を当てることも容易なことではありません。基本的な考え方として、予想は上がるか下がるかの2つしかありませんので、その予想が当たる確立は5割になります。そしてこの確立を6割や7割と少しでも高くすることで、利益を得るチャンスが大きくなります。そしてFXの投資家は、そうするために、いろいろな研究や努力をしています。

oiurewoi
予想を当てる確立を高くするもっとも確実な方法の1つは、チャートを分析することです。そしてプロの投資家並にチャートを活用することができるようになれば、かなり高めの勝率になるかもしれません。しかしそこまで行かなくても、少しでもチャートが読めるようになれば、50%だった勝率が60%や70%になる可能性が高くなるのです。

チャートを活用する

テクニカルチャート、あるいは単にチャートと呼ばれるものは、過去の実績をいろいろな角度から分析して、分かりやすく図表に表したものです。チャートを眺めると、相場やレートというのは、あるパターンを持って動くということが分かります。つまり初心者であっても、少し勉強してそのパターンを読み取れるようになれば、FXで利益を挙げるチャンスが増えてくるのです。

FXの市場というのは、常に動いていますので、その時点で手に入る最も新しい情報が必要になります。株式などのように、新聞などの情報を参考にすることは、すべてではありませんが、FXに関しては少し情報的には遅く、リアルタイムの為替変動には対応できません。Meta Trader4のチャートの場合は、過去からのデーターを継続的に並べて分析するので、情報的には扱いやすいと言えます。

チャートの見方は、基本的には難しいものではありません。チャートの動きを見て、現在上昇トレンドにあれば、その流れに乗ってその通貨を買えば良いのです。売りから入る時はその逆で、ある通貨が下降トレンドにあれば、その流れにのって売れば良いのです。またレートがもみ合っていて、一定のトレンドが見えないときには、静観すればよいのです。これは長期的な投資であっても、デイトレードなどの短期的な投資であっても変わりません。 トレンドを見極めることが重要なのです。