メニュー

FX取引で利益を出す

私はFX取引で億万長者億万長者になれるとは思っていませんが、昼食一食分くらいはコンスタントにFX取引で利益を出しています。FXの取引で私が直接モニターを見ている時間はだいた日本時間の21時から22時位までです。

FX取引を始めた頃は午前3時頃までパソコンの前に張り付いて為替相場を見ていたのですが、売り買いの注文だけ入れておけば後は自動的に損切りと利益確定をしてくれるので、私が見ている必要はないと気づいてからは、あえてあまり為替相場を見ないようにしています。

FXは資産運用の一つ

まずスプレッドでトータルコストを算出してから、デモトレードで取引ツールなどの操作性を確かめることで感覚を掴みましょう。さらに信託保全で資産を守ることを考慮していくと、FX会社の選択肢が絞られてくると思います。

多くの人が気にしているレバレッジですが、確かに高いレバレッジに対応したFX会社であれば、少ない資金でもその何十倍、海外の会社を仕えは゛数百倍という規模で運用する事が可能になりますから、大きな利益を得られる可能性があります。しかしその分、リスクも増える事になりますので、初心者の方は10倍程度までを目安としておくと良いでしょう。

基本的には、レバレッジの倍率を重要視して判断すべきでは無いといえるでしょう。また2010年よりレバレッジ規制が始まっており、2011年中には国内のほとんどのFXを取り扱っている会社が、一律にレバレッジを25倍に制限しています。

oiure
このように取引会社によってレバレッジの差が無くなってきていますので、最近ではスプレッドの違いの方に注目されています。この他の注目点として、通貨ペアが上げられます。これは各社で大きな違いがありますので、比較してみると良いでしょう。取り扱っている通貨ペアとは、二つの通の組み合わせを意味していますが、取り扱っている通貨ペアの種類が多いと、多様な取引が出来ますので取引機会が増えるというメリットがあります。精通しているマイナーな通貨地域などを持っている人は、考えておくと良いかもしれません。

メジャーなところでは、FXの取引でよく「基本8カ国」と呼ぶ通貨ペアがあります。日本円を基準として説明すると、対米ドル、対ユーロ、対豪ドル、対英ポンド、対スイスフラン、対カナダドル、対NZドル、対南アフリカランドがあげられます。多くのFX会社もしくはハイローオーストラリアのバイナリーでは基本的に取り扱っている通貨ペアですので、この範囲であれば取引会社を探す必要は少ないと思います。

一方、この他に、マイナー通貨として、チェココルナやデンマーククローネなどが存在しています。日本人にとっては、あまり馴染みが無いと思われますが、地域情報を把握している人手あればその分強みになる可能性がありますから、考えておくのも良いでしょう。

地域情報で言えば例えばメキシコですが、メキシコの通貨ですがメキシコペソは、メキシコの政局の影響で為替の値動きが不安定で激しいことが知られています。変動が大きいと言うことは、その分チャンスもうまれる可能性がありますから、リスクが大きい反面、最新の動向を確認しながらの取引に面白味があるといえるかもしれません。

ただメキシコペソの通貨価値は確立していますので、細かい変動は無視して今後は長期的な成長を見越した場合も購入のチャンスといえるかもしれません。そういった相場の面白みが分っている状態でも、自分が取引しているFX会社でメキシコペソを扱っていないのであれば、手が出せません。そういった面からも自分が取引する可能性を持っている通貨ペアをまず確認しておくと良いでしょう。

ただメジャーな通貨であれば、様々な指標が提供されますので、売買の機会を掴みやすいといえるかもしれません。実際に、指標を素にして市場が大きく動くことも多くありますので、指標を目安として取引を行う人も多くいます。さまざまな指標がある米ドルやユーロ、ポンドなどの取引料も当然大きな物になっています。

基本的にマイナーな通貨は動かないときは単調な反面、一旦ニュースが舞い込むととたんに極端な動きをしますので、なかなか素人では手に負えない所があるかもしれません。手数料も基本8カ国よりも高めに設定されていますし、流通量が少ないために売買が成立しないこともありえます。