メニュー

FX取引で利益を出す

私はFX取引で億万長者億万長者になれるとは思っていませんが、昼食一食分くらいはコンスタントにFX取引で利益を出しています。FXの取引で私が直接モニターを見ている時間はだいた日本時間の21時から22時位までです。

FX取引を始めた頃は午前3時頃までパソコンの前に張り付いて為替相場を見ていたのですが、売り買いの注文だけ入れておけば後は自動的に損切りと利益確定をしてくれるので、私が見ている必要はないと気づいてからは、あえてあまり為替相場を見ないようにしています。

勝つための正しいルールでスタート


ご存じの通りFXで投資をする人は年々増え続けています。しかし、肝心なのは、やっているの人すべてが利益を出せているわけではないという点です。むしろ統計的には、損をしてしまっている人の方が多いというデータもあります。

しかしその一方で、着実に稼いでいる人たちがいるのも事実です。実は正しいやり方さえすれば、FXで稼げる可能性が高くなるのです。まずは、取引を始めたばかりの初心者のうちから、ポイントとなるコツを知っておく必要があるのです。

取引は感情に左右されていけない

pi







実際にFXの取引をやってみるとわかると思いますが、売買中はつい感情的になってしまいます。保有中のペアが値上がりしている時には、。「もう少し上がるかもしれない」と期待してしまい、肝心な売りどきを逃してしまうこともあります。市場は瞬時に動きますので、判断が遅れた瞬間に大きく下落することもありえます。

引用: テクニカル分析.com

また値が下がりし始めているときも「もう少し待てば持ち直すかもしれない」と期待してしまう心理が働きやすいといえる。結果として損切りができずに、損害を大きくしてしまうことはよくある状況だといえるでしょう。このような期待に基づいた感情に左右された取引は、出来るだけ避けた方が良いでしょう。

わたしも24オプションで経験したことですが、多くのFXの成功者は、実際に取引を行う際には、必ず自分で決めたルールに基づき、相場がどうなっても必ずそのルールに従うという人が多くいます。

このルールは人によって違います。例えば「利益が○%出たらすぐにリリース」を行うといったものや、また「損出が△%になったら即損切り」など自分で決めている人が多くいます。このあたりは、実は運用ノウハウに関係する所なのですが、初心者のうちは、プロの例を参考にすると良いでしょう。

基本的に初心者は「もっと儲かるかもしれない」また「持ち直すかもしれない」「何となく売りたくない」という感情を優先してしまいがちです。しかし、その場合でも忠実にマイルールを守ることが重要です。正しくルールを運用する事で、結果として損を少なくして儲けが出やすくなります。